2007年4月29日日曜日

モンキー 恋

濃い。
ので、先週に引き続きキャブセッティングどす。
以前、CDなにすんねん90に使ってたニードルピンを入れてみたのですが、中速域のトルク感が今ひとつで、最初に変更した少し太めのピンに戻しました。
磨耗からか、このキャブは全域に渡って濃い方に崩れているので、全域に影響する油面を下げてみます。

2007_0429burattoclub0005.jpg

油面を測ると21mmになってたので、22mmか23mmかで悩んだのですが、今回は22mmでのテストです。

2007_0429burattoclub0007.jpg

ついでに、エアークリーナーのゴム部分の修理をしました。
ひび割れしてた部分を、ボンド ウルトラ多用途SUで接着し、更にサントリー伊右衛門のラベルでエアーの流入を止めます。

2007_0429burattoclub0008.jpg

ラベルを被せ、ドライヤーであぶれば出来上がり。切り口がガタガタなのはご愛嬌です。(ガタガタでもシャープでも、オレの自由だーっ)次回はもっと綺麗に仕上げますので、何卒よしなに・・・
これで強度も増して、エアーが横から入る事も無いでしょう。
さらにっ!問題なのが、微妙に曲がってる左ハンドル。買っちゃいました。3200円?だったと思う。

2007_0429burattoclub0010.jpg

付け替えるべぇと、取り付け部分を見てみると・・・

2007_0429burattoclub0012.jpg

あちゃ~、これかっ!3,200円も無駄遣いしたじゃないか、きみ~。もっと早く気付きたまえ!
「どあって~、左右分割のハンドルなんて初めてなんだもん。曲がってると、思うべさー」
取り付け部分の隙間が違いました。左側は上の方だけハンドルホルダーに当ってて、下側は隙間が有ります。右側は全周隙間が出来てます。
これでは左側が少し手前の下向きになってて当たり前ですね。早速修正どえす。

2007_0429burattoclub0016.jpg

何かと言えばヤスリを持ち出すburattoclub。アルミなんかサクサクっと、と思っていたら中身は鉄でした。
しかし、何故ぴったり合って無いのでしょう?これで良いのかモンキーは・・・

2007_0429burattoclub0019.jpg

削りすぎるとガタツキの原因になりますので、何度も確認しながらピッタリ合わせました。
今日はなかなか良いメンテナンスが出来たわい。早速試乗じゃ~。

恋、鯉、来い、濃~い!濃いですが中高速がパワフルで、今までで一番です。しかし、濃い。
次回は23mmで再テストじゃ~!

ハンドルは微妙に左側が苦しいような気が・・・53歳になって左腕が伸びたのかな~。(はいはい)