2007年7月8日日曜日

モンキー サイクルコンピューター

モンキーのメーターは60km表示。
エイプ100の(90km表示)メーターが付けられるという事で、出品される度に入札してたんですが、貧乏人の私には毎回落札出来ない価格に・・・
仕方有りますまい!
60km以上のスピードさえ表示してくれれば良いんでいっ!と、890円のサイクルメーターを落札しました。

2007_0708burattoclub0001.jpg

サイクルメーターの老舗CAT EYEの製品なんですが、今時のMADE IN CHINAです。
困った事に、この製品はタイヤ周長を入力するモードが無く、12インチ、14インチ、16インチ、18インチ・・・と、自転車のタイヤサイズの入力しか出来ませんでした。
モンキーのタイヤを計ってみると、直径約36cm。インチに直すと14.17インチ。タイヤ周長より不正確ですが、14インチに設定して様子をみます。

2007_0708burattoclub0004.jpg

3mm厚のアルミで、センサーをつける為のステーを製作。

2007_0708burattoclub0007.jpg

こんな感じです。
マグネットは取り付け用の3mmネジの部分を切り落とし、強力両面テープで貼り付けて有ります。(ちょと心配)
センサーとマグネットが随分離れてますが、昔のマグネットに比べると磁力が強くて、これ位離れていても問題無く拾ってます。

実は、昨日この位置でテストをしたんですが、横向きのエアーバルブの事をころっと忘れてて、エアーバルブとセンサーがクラッシュ!見事に壊れました。
で、朝からハブを左右逆に取り付け、(9月9日元へ戻しました。フロントフォークパイプガイドを合わせてご覧下さい)エアーバルブを反対側にしたのさっ!

2007_0708burattoclub0008.jpg

配線はブレーキワイヤーに沿わせてテープで止めました。
収縮チューブを被せれば完璧なんですが、今回はパス。

2007_0708burattoclub0012.jpg

配線の途中をカット、カプラー接続にしました。
後々、タイヤ周長入力タイプのメーターに交換する事を考えての変更です。センサー部分は流用します。

2007_0708burattoclub0009.jpg

結果は、タイヤサイズ14インチ設定で4~5km少なく表示されました。モンキータイヤの直径は約14.17インチですので、少しオーバー目に出ると思ってたんですが・・・
で、タイヤサイズを16インチ設定に変更した所、ほぼモンキーのメーターと合いました。16インチとなると、モンキーのタイヤは直径40.64cmになってしまうんですがぁ・・・

んんん、悩むなぁー。