2007年8月20日月曜日

モンキーの悲しみ

見てみぬふりをしてたタンクの洗浄。昨日のツーリングの結果、どうしてもしなければならなくなり、洗浄したのですが・・・
洗浄の為に、ガソリンを灯油ポンプで抜いたんですが、いきなり黒い物体が通過していきます。思ってたより重症?
この有り様です。

2007_0820burattoclub0023.jpg

WAKO'Sのメカタオルで濾過してたんですが、細かい物はすり抜たようで、残った物がこれです。
中を覗くとドロドロのヘドロ状態。洗浄だけでは無理のようですので、錆び取り剤を投入しました。

2007_0820burattoclub0006.jpg

錆び取り剤で錆びは落ちるのですが、液が付いて無いところは直に錆びてきます。錆びを取りながら錆びさせる、よく考えれば訳が解りません。
液が全面に回る様にタンクをゆすってると、何故か錆び取り液が漏れてきました。
あちゃちゃー!

2007_0820burattoclub0004.jpg

恐れてた穴です。錆びながらも何とか持ってたんでしょうねぇ。
それを落とすから・・・
困ったもんだ。

2007_0820burattoclub0011.jpg

ハンダで塞ごうと、ペーパーで塗装を落としたら、さらに小さな穴が2箇所。かなり鉄板が薄くなってる様です。

2007_0820burattoclub0016.jpg

手持ちの30Wのコテではタンクにハンダがのらず、ヒートガンで温めてハンダをしたんですが、これが限界で延びません。

2007_0820burattoclub0019.jpg

見てくれは悪くても穴は塞がったので、塗装をして完成。
で、ほぼ満タンにして2時間ほど放置してたのですが、有ろう事か、今度は表側から漏れ出してました。

2007_0820burattoclub0025.jpg

画像では解りづらいですが、ピューと出るくらい大きな穴で、かろうじて塗装で持ってた?ようです。
ここもハンダで補修しようかと思いますが、ここまで腐食してると次々に穴が空きそうで不安になってきました。
このタンクのデザインが気に入ってたんですが、デザインにこだわらず、程度の良いタンクを捜さなければならなくなりましたーっ!(泣) なんでなのー!(さらに泣)許してくれー!(さらにさらに泣)