2008年4月5日土曜日

モンキー CDI点火にしました

Oリングとシールが手に入ったので、早速組み込みました。

2008_0404buratto-club0002.jpg

ギリギリですが、コイルとフライホイールの接触も無く、サクサク組めました。
さあ、各部品を接ぞーく!
とっ、何時ものように問題発生。使おうと思ってた、CD50の純正C.D.I.が無い!あっちの箱、こっちの箱と捜しまくったのですが、出てきませんでした。
去年、部品を処分した時に捨ててしまったのかぁ・・・?

2008_0404buratto-club0007.jpg

仕方無いので、CD90で使ってる、レーシングC.D.I.を外しましたー。これで、C.D.I.が見つかるまでCD90には乗れません。

2008_0406buratto-club0007.jpg

イグニッションコイルも中古です。
赤いコードに換わってますが、おそらくTLM50用でしょう。

2008_0404buratto-club0012.jpg

最初この様に付けたんですが、50Rシートのステーが短くてレギュレーターに当ってしまい、レギュレーターをフレームの内側に移動しました。(純正シートなら問題無く付けられます)
で、エンジン始動!電気かくにーん!
えっ、えっ、えっ、電気が・・・電気が・・・電気がぁーっ!点かないーっ!電圧ゼロ。ミスったのかーっ!
接続を外し、発電コイルに直結すると電気が出てます。レギュレーターのパンクなのかー!
あらっ、まあ。コンデンサーを接続したままでした。全部交流回路になったので、コンデンサーは要らないのねーっ!
コンデンサーを外すと全て点灯しました。良かった良かった。発電量も増えてます。アイドリング回転で、ヘッドライトを点けてもウインカーが点滅してます。良かった良かった。
整流してもしなくても、全波はいい。バッテリーレス派は全波にしよーずぇ。

2008_0406buratto-club0008.jpg

テスト走行で山科疏水にいったのですが・・・人が・・・人が・・・人が・・・(これでも、人が途切れた瞬間を狙って撮影したんです)

40年前のイメージで、のんびり桜並木を楽しもうなんて・・・あさはかな考えだったのねー!