2008年6月8日日曜日

モンキー 発電コイルその3 併用コイル

今回はNSR50の発電コイルを解き、そのまま巻いてみました。ですので、全波タイプでは無く、併用コイルです。

2008_0607buratto-club0002.jpg

NSR50用は線径0.9mmで、充電部分の巻き数が185回ヘッドライト部分が51巻きでした。これを鉄心の細いモンキー用にそのまま巻きますので、当然巻き数は増えます。

2008_0608buratto-club0003.jpg

前回の全波用に比べると随分太くなってます。フライホイールに当らないように、円周を意識して巻いてみたんですが・・・

2008_0608buratto-club0002.jpg

ベースにコイルが当ってしまい、ベースを削って逃げを作りました。ポストは8mmです。

2008_0608buratto-club0009.jpg

またC.D.I.点火になります。点火のテストでは無いんですが・・・

2008_0608buratto-club0011.jpg

んんんー。当ってます。

2008_0608buratto-club007.jpg

巻き枠のプラスチックが擦ってたので、コイルを傷つけないようギリギリまで削って、テストしてみる事にしました。
キックをしてみると、シャーシャーと擦れる音がしてます。拙いかなとも思ったんですが、そのままエンジンをかけてしまい、少し回したら音はしなくなりました。プラスチックですので磨り減ったのでしょう。
で、何時もの小関峠までテスト走行。(往復で3~4km?)今の所問題ないようですが、もう少し乗ってから再度確認してみなければなりませんね。
肝心の発電量ですが、少し増えました。これ以上巻けない所まで巻きましたからね。電圧も、ちょっと高めのアイドリングで12V有ります。
しかし、はっきりエンジンへの負荷が分るようになりました。スイッチオンで回転が下がります。だからと言って、特段問題はないのですが・・・

185巻き51巻きでのテストもしてみなければ・・・終わりません。か?