2007年10月8日月曜日

フロントフォークの捩れ

今日のツーリーング中止で書く事が何も無いので、フロントフォークの捩じれの見方を書いてみます。
昔のTL125など、フロントフォークが細く剛性の低いフロントフォークは、転倒するとフロントフォークが捩じれ、タイヤが明後日の方向を向いてました。
で、立ち木や電柱にフロントタイヤを当て、ハンドルを強引にきって修正していたんです。取り合えず真っ直ぐにしなければなりませんので・・・
本当の修正方法は、フロントのアクスルシャフト、フロントフェンダー、アンダーブラケットを緩め、フロントフォークを数回ストロークさせてから、アクスルシャフト、アンダーブラケット、フロントフェンダーの順にしめなければなりません。これでフロントフォークの芯がでてスムーズな動きになります。
これは、捩じれた時だけでは無く、ブレーキなどフロントのメンテナンスをした時には毎回行ないます。適当に組むのとストロークさせてから順番に締めるのとでは、顕かにフロントフォークの動きが変わります。
では、捩じれの見方です。残念ながらモデルがモンキーですので、何卒良しなに・・・


フロントフォークを斜めから見ます。フェンダーとタイヤの間。
普通ここはインナーパイプです。左右のフォークを斜めから見て、隙間が平行で有ればフロントフォークは捩じれてません。
右から見た場合、下側が広いようで有れば右に捩じれて、タイヤが右を向いてます。上が広いようで有れば左に捩じれてます。
捩じれを発見したら、先に書いたように正しい手順でメンテナンスして下さい。真っ直ぐに戻ります。
正しい手順で締めたのにタイヤが明後日の方向を向いてる場合は、インナーパイプが曲がってる?事でしょう。残念ながら堪えて下さい。