2006年7月9日日曜日

モンキー スロットルホルダー

旧型CD90のアクセルワイヤーが手に入ったのですが、インナーが少し長かった。
でも、短い分には問題ですが長い分には問題無くて、CD50のキャブ交換で能書きを足れてる通り、ハンダを溶かして調節すれば良いので気にはしてません。
問題は、購入したモンキーにはハイスロットルが付いてたのですが、グリップが異様に太い。バッかじゃないのと言うくらい太い!
と言う事で交換!私好みのTLM50のスロットルパイプを付けた所、ホルダーに当たって滅茶苦茶抵抗が有り、ホルダーを削ってるところです。

2006_0709burattoclub0001.jpg

「撮影:kawaさん モデル:とっても素敵な私 (ハイハイ)」

錆び付いてて確認出来ませんでしたが、TLM/TLRのスロットルパイプが当ると言うことは、元のスロットルパイプも当たって?たんじゃないでしょうか。怪しい社外品です。

2006_0709burattoclub0002.jpg

「撮影:kawaさん モデル:とっても可愛い私 (ハイハイ)」

少し削ってはスロットルパイプを組んで確認。少し削ってはスロットルパイプを組んで確認と繰り返し、カンセーイ!!

2006_0709burattoclub0005.jpg

ふふふ。 あーっはははははは・・・
開ける閉じる、なんの抵抗も有りません。これでイイのだー

2006_0709burattoclub0004.jpg

スロットルホルダーの加工と同時にキャブの分解整備。詰まった各ジェットをキャブクリーナー液に漬けて置きます。
ボディーはキャブクリーナーと真鍮ブラシ、竹串でキレイキレイします。

2006_0709burattoclub0008.jpg

リフレッシュしたキャブ。結局、半日潰れました。
今度の土曜日にはエンジンがかけられる?予定です。