2007年11月23日金曜日

6Vモンキー CDI点火用ステーターベース

7~8年前に書いた図面が出てきました。
6VモンキーをC.D.I.点火に変更する為のステーターベースです。ピックアップ内蔵型で、ローターの磁石位置を読み取り点火します。
点火時期はBTDC35°に設定。

bece.jpg

しかーし、図面に不備が有るのか?はたまた鋳造してから機械加工する物だからなのか?削っては貰えませんでした。

そんな心温まる、思い出の図面です。(ハイハイ)

2007年11月17日土曜日

モンキー Z50Z ハーネス製作

持ち主曰く、カブ用ハーネスです。
今回はこれをバラして製作してます。

2007_1118buratto-club0005.jpg

一週間ぶりの作業で、何処まで進めたのか解らなくなってました。
やっぱり、作ろうとしているハーネスの配線図は必要ですねぇ。

で、書きました。

2007_1118buratto-club0014.jpg

当然12ボルトC.D.I.点火になります。
緑線(アース)は省きました。Z50Zのランプ類は直接アースを取ってる為に必要ないからです。
C.D.I.のみエンジンからのアース線を接続し、レギュレートレクチファイヤーとイグニッションコイルは、後付けでアース線を引きます。

2007_1118buratto-club0018.jpg

ハーネス製作に必要な端子は、250型、110型、ギボシ端子なんですが、メインスイッチ(コンビネーションスイッチ)に接続する端子は特殊なタイプで手に入りませんので、ハンダで接続し流用します。

2007_1118buratto-club0039.jpg

完成。
実際は車体に合わせて製作する物ですが、今回はそれが出来ませんのでC.D.I.の線やアース線は長めに製作したつもりです。
また、12Vバッテリーへの接続カプラーと端子が有りませんので、ギボシのオス、メスとなってます。バッテリーを搭載する場合は、サブハーネスを製作し対処していただきましょう。
バッテリーレス用のコンデンサーも用意しましたので、もしバッテリーが搭載出来なくてもそのまま走行できます。

しっかし時間がかかりました。中古ハーネスをバラして使うのは大変です。
部品も全部用意して、新品の電線を使いましょーーーーっ。
って、全色揃えるのは無理かな?

2007年11月10日土曜日

モンキー Z50M?ハーネス

知り合いから、リジットモンキーにカブ90のエンジンを載せたいので、ハーネスを製作して欲しいとの依頼がありました。
以前、別の知り合いからZ50Mの配線図を貰ってたので、何とかなるかなと承諾し引き取ってきたのですが・・・

2007_1111buratto-club0003.jpg

持ち帰って配線図と照らし合わせたところ、全く違ってました。
配線図はバッテリーレスでウィンカーが付いてませんが、持ち帰ったハーネスにはウィンカーのラインが有ります。
面倒ですが配線を調べて回路図を作成しなければなりません。
同じハーネスが2本有るのですが、どちらも弄ってあり信用できませんので、見比べながらの作業です。

2007_1111buratto-club0005.jpg

しかし、肝心な事を忘れてました。
接続される側、特にメインスイッチの切り替えを調べて来なかったのです。(手持ちの配線図が合ってると思ってたので・・・)
配線図にすると、バッテリーが搭載される事、緑がアース線ではなく充電系である事、バッテリーのプラスにスイッチが無いので、マイナスを遮断するらしい事は分ったのですが、メインスイッチの切り替えを確認しないと安心できません。
もう一度確認しに走るか・・・

こんな時こそgoogle検索。Z50Mで検索してたのでちょっとてこずりましたが、有り難~いネット時代です。出てきました。



















Z50Mでは無くZ50Zだそうです。

おー、これこれ。最初っから検索すれば良かったですぅ。時間を無駄にしましたねー。
バッテリーはマイナススイッチで、問題のメインスイッチの切り替えも分りました。

これで安心して製作できます。



2007年10月27日土曜日

モンキー テールブラケット修理

先週のツーリングで、ポッキリ折れてしまったブラケット。
鉄板で製作するのも面倒なので、アルミアングルで修理しました。

2002_0107buratto-club0002.jpg

元の部品はアルミに筋を入れ曲げ加工して有りましたが、曲げた所に褶曲模様が出来ており、これは折れる!と、予想させる物でした。
で、最初っから曲がってるアングル材の方が、曲げ部分は強度が高い筈。修理も簡単ですしね。

2002_0107buratto-club0006.jpg

テールライトブラケットと、ライトユニットの間に挟み込んで完成です。
ベースが少し曲げ加工してあります。元のパーツはこの方向で付けてたんですが、今回はシートに当って付けられず、裏返してして付けました。

2002_0107buratto-club0012.jpg

裏返すとシートとのクリアランスが確保出来て良いんですが、垂れた感じで格好悪くなりました。真っ直ぐに修正した方が良いようですね。

ま、取り合えず修理完了です。

2007年10月8日月曜日

フロントフォークの捩れ

今日のツーリーング中止で書く事が何も無いので、フロントフォークの捩じれの見方を書いてみます。
昔のTL125など、フロントフォークが細く剛性の低いフロントフォークは、転倒するとフロントフォークが捩じれ、タイヤが明後日の方向を向いてました。
で、立ち木や電柱にフロントタイヤを当て、ハンドルを強引にきって修正していたんです。取り合えず真っ直ぐにしなければなりませんので・・・
本当の修正方法は、フロントのアクスルシャフト、フロントフェンダー、アンダーブラケットを緩め、フロントフォークを数回ストロークさせてから、アクスルシャフト、アンダーブラケット、フロントフェンダーの順にしめなければなりません。これでフロントフォークの芯がでてスムーズな動きになります。
これは、捩じれた時だけでは無く、ブレーキなどフロントのメンテナンスをした時には毎回行ないます。適当に組むのとストロークさせてから順番に締めるのとでは、顕かにフロントフォークの動きが変わります。
では、捩じれの見方です。残念ながらモデルがモンキーですので、何卒良しなに・・・


フロントフォークを斜めから見ます。フェンダーとタイヤの間。
普通ここはインナーパイプです。左右のフォークを斜めから見て、隙間が平行で有ればフロントフォークは捩じれてません。
右から見た場合、下側が広いようで有れば右に捩じれて、タイヤが右を向いてます。上が広いようで有れば左に捩じれてます。
捩じれを発見したら、先に書いたように正しい手順でメンテナンスして下さい。真っ直ぐに戻ります。
正しい手順で締めたのにタイヤが明後日の方向を向いてる場合は、インナーパイプが曲がってる?事でしょう。残念ながら堪えて下さい。


2007年10月6日土曜日

モンキー ハブ、ハンドル交換

ハブを付けました。

2007_1006buratto-club0024.jpg

軽い感じと言うかすっきりした感じと言うか・・・ゴールドからシルバーにが変わっただけで、随分印象が違ってきましたね。

タイヤを外したついでに、気になってたステムのグリースアップをします。

2007_1006buratto-club0002.jpg

昔ながらのバラバラタイプのベアリングです。分解時にスチールボールを無くす事が多々有りますので、12Vモンキーの繋がったタイプに交換した方が良いかも知れません。
もし無くしても、ボール自体はTLM50やCD50と同じ大きさですので、工具箱に何個も転がってて心配ないんですが・・・

2007_1006buratto-club0007.jpg

古いグリースを拭き取っていたら、あっさりと下側のベアリングレースが外れてしまいました。ゴソゴソで、レースの内側に回った形跡が有ります。普通は動かないようにステムパイプに打ち込んで有る筈なんですが・・・これで良いのか?モンキー。
タガネでステムパイプに縦キズを入れ回り止めをしたい所ですが、今回は最低限のバラしでグリースアップしてる為に諦めました。
で、新しいグリースをたっぷり付けて再組み立て。
スレッドナットの締め付けトルクが重要ですね。ハドルから手を離すと自然に切れてストッパーに当り、コン、コと言う感じです。(解らねー!)ちなみに、モンキーはコンでした。
緩すぎる場合、ブレーキをかけてハンドルを強く押すと、カキンカキン?コクンコクン?と言う音がします。締めすぎると重くなって乗りにくい。
TLM等のトライアル車は、ハンマーでステムパイプの下側を軽くコンコン叩きながらスレッドナットを手で締め、締めこんだ所から少し戻した位置がベストでした。工具で締めるなんてもってのほか?でしたね。
さ・ら・に、違和感を感じてたハンドルも交換。
右だけ換えたら良かろうと、付けてみたのですが・・・

2007_1006buratto-club0011.jpg

12Vモンキーのハンドルは、回り止めの出っ張りが長くなってましたーっ!
で、結局落札したハンドルホルダーごと交換しました。セットで落札してて良かったですぅ。

2007_1006buratto-club0014.jpg

これでモンキーは全て完成?バンザーイ!バンザーイ!
しかし、やっぱりハンドルに違和感を感じます。左右分割ハンドルはこんなものなのでしょう。

ふんじゃね~

2007年10月2日火曜日

モンキー そして、ハンドル購入

左を新品に交換したけど・・・やっぱ右かな?

と言う事でオークションで右を捜したんですが、左は出てるんですが右は無し。仕方が無いのでハンドルクランプごと落札しました。

2007_1002buratto-club0001.jpg

最後に競ってしまい、それなりの価格になりましたが、錆も少なく結構綺麗です。
今度の土曜日に付け替えてみます。
これで違和感は無くなる?筈なんですが・・・

2007年9月29日土曜日

モンキー ハブ、ブレーキメンテナンス

ネジ穴が一つボケてたリアハブ、ホイールと同色を前後セットで落札しました。

2007_0929buratto-club0006.jpg

12Vモンキー用で、程度は良好です。
しかし、掃除とグリースアップはしなくてはなりません。

2007_0929buratto-club0007.jpg

シューがまだ残ってるので、使用するために手入れをします。
先ずは裏表が解るようにマーキング。

2007_0929buratto-club0009.jpg

シューがテカッてますね。これでは効きタッチ共に良くないので一皮剥きます。

2007_0929buratto-club0014.jpg

ブロック塀を用意して下さい。
って、普通は♯60位のペーパーで剥きますよねぇ。

2007_0929buratto-club0016.jpg

で、こんな感じ。エッジも少し削ってます。

2007_0929buratto-club0019.jpg

ドラムブレーキの組み立てには、20年以上ヤマハの耐水グリースを使ってます。
掃除をしてて気が付いたんですが、12Vモンキーのブレーキカムには、グリースを保持する溝が有りませんでした。メンテナンスの間隔を短くすれば問題無いと言う事でしょうか?

2007_0929buratto-club0021.jpg

ハブ側のシュー当たり面を、♯400の耐水ペーパーで錆落し。

2007_0929buratto-club0022.jpg

おお~、ビューティホー。

2007_0929buratto-club0027.jpg

整備出来たので明日にでも付けたいのですが、予報では雨。
来週の土曜日に持ち越しになるかも知れません。

2007年9月23日日曜日

モンキー 左ハンドル交換

以前、ハンドルが曲がってる!と、右側の取り付け部分をヤスリで合わせたんですが、やっぱり左ハンドルが手前に曲がってるように感じます。

2007_0923buratto-club0002.jpg

前回の時点で購入してた左ハンドルです。
交換は簡単でした。ノブで止めて有るだけですからね。
で、走ってみたのですが・・・無駄な努力。同じでした。
ええええっ!左じゃ無い?・・・右?

2007_0923buratto-club0005.jpg

左だと思い込んでましたが、どうも、右側が立ってる?ようです。
それとも、モンキーってこんなものなのでしょうか?んんー悩みます。

昨日、タイヤ交換後コンビニまで(発泡酒を買いに)走ったのですが、どうにも後輪に落ち着きが無く気持の悪~い感触、空気圧を計ると前後とも2kg/c㎡近く有りました。これを、マニュアル通りの前輪1kg/c㎡。後輪1.25kg/c㎡にしたら正しい挙動に戻りました。
8インチの小っちゃいタイヤですので、空気圧もかなり重要なようです。

じゃ、今週はこんなところで・・・バイバイキーン。(いくつやねん!)

2007年9月22日土曜日

モンキー タイヤ交換

本日タイヤを交換したんですが・・・

参りました。もう、ヘトヘトです。

これが、濡れた路面で見事に滑るタイヤです。

2007_0922buratto-club0003.jpg

バイク屋さんでの作業です。
小一時間有れば、前後とも交換出来ると思ってたんですが・・・

2007_0922buratto-club0004.jpg

前輪から始めたのですが、ラスペネをたっぷり吹きかけても、耳が落ちません。ホイールとタイヤが錆びて固着してます。
タイヤを万力で挟み何とかタイヤレバーを差し込み、ハンマーで横から全周にわたって叩きやっとこさ外せました。
汗だくです。

2007_0922buratto-club0009.jpg

ワイヤーブラシでかるく錆を落とした所、穴が・・・穴が・・・穴だらけだし。
んんんー、参った。これでは・・・
ホイールが使い物にならないので、取り合えず外した前輪のみ新品タイヤを入れ、リアタイヤは担いで帰る事にしました。

2007_0922buratto-club0013.jpg

オークションで落札した、ほぼ新品のホイールです。
銀色のハブを落札してから組もうと思ってたのですが、そんな悠長な事は言っておれません。
組みましょう。

2007_0922buratto-club0014.jpg

外したリヤホイールです。一番上のネジ穴を見て下さい。錆びてます。
ハブを止めてるボルトが、一本有りませんでした。
で、手持ちのボルトを入れたのですが・・・

2007_0922buratto-club0016.jpg

ハブ側のネジ山が有りませんでしたーっ!綺麗にツルッツル。
緩んだボルトが踊って無くなったのか、前オーナーがボカシたのか?
長いボルトを用い中側にナットを入れる事も考えられますが、ブレーキシューと干渉しそうだしホイールの色とも合いませんので今回はパス。銀色のハブを捜します。

バイク屋さんで臨時に入れた前輪も、新しいホイールに入れ替えて完成。

2007_0922buratto-club0021.jpg

どうですか?銀色ホイールにゴールドハブ。結構合ってますよね。
しかし、リアハブはボルト3本。どうしても交換しなければなりません。
毎週の様に整備をしてますが、中々出来上がりません。
もう、許して下さい・・・

2007年9月19日水曜日

モンキー タンク購入

落札価格3,100円。送料、手数料で4,785円の新品タンクどえーす。

2007_0919buratto-club0001.jpg

コック、キャップ、それにサイドカバーまで付いてます。
直に載せ替えるつもりは有りませんが、これで非常事態の予備が出来ました。バンザーイ!

2007年9月17日月曜日

モンキー テール

ステーの短い50Rのシートではリヤキャリアが付けられず、キャリアに付けるスタンダードのテールも付けられませんでした。
ブラケットを自作して付けようと思ってたんですが・・・

2007_0908burattoclub0001.jpg

オークションでこの様な物を発見。キタコのZシート用のブラケットだそうです。
最近、自作が面倒になってきた私は、悩んだ挙句落札してしまいましたーっ!

2007_0915burattoclub0001.jpg

ちょっとシートに当ってます。どうでしょうかーっ!
早速走ってみたらウィンカーランプが変。6Vの電球を入れてましたーっ!
そんな、お茶目な私。どうでしょうかーっ!

2007年9月16日日曜日

モンキー クラッチワイヤー交換

クラッチが重くて、油切れでタッチもガシガシしてます。

2007_0915burattoclub0006.jpg

原因はこれです。
マフラーに当って被覆が無くなり、サビ放題。何度注油しても直にガシガシになりますので、新品に交換しました。
しかし、ただ交換しただけでは同じ事になりますので・・・

2007_0915burattoclub0007.jpg

断熱材を入れます。
先ずグラスウールを巻いて・・・

2007_0915burattoclub0011.jpg

アルミテープで固定&カバー。

2007_0915burattoclub0012.jpg

完成。
軽~い!良いタッチになりました。抵抗が無くなり、クラッチのバネそのものの感触です。

相変わらずクラッチから異音がしてますが、今日100Kmほど走って見ました。
クラッチそのものの音らしく、問題は感じませんでした。ですので、バラしても原因が解らないと判断し、このまま乗り続けてみます。
異音の原因特定は、本当に難しいですからねぇ。

2007年9月9日日曜日

モンキー フロントフォークパイプガイド

フロントがガタガタで、まともに曲がれなくなってきたのでフロントの整備をしました。
フレーム番号で取り寄せたフロントフォークガイドです。

2007_0908burattoclub0011.jpg

12Vモンキーと同じ番号できました。
「あ痛たたっ!またバイク屋が間違えたな!」と、知り合いの「Nピット」さんに番号を調べて貰った所、なんと!共通部品だそうです。
21.7φの6Vモンキーと22.2φの12Vモンキーが共通部品とは・・・
6Vモンキーにこの部品を使うと、最初っから0.5mmのガタが有る?と言うことじゃあーりませんか。納得いきませんね。
すみません。バイク屋さんは無実でした。
さくさく調べていただいた、「Nピット」さんありがとうございました。これからも宜しくお願いします。
などと、悩みながらも交換。

2007_0909burattoclub0001.jpg

新品と比べてもそんなに磨耗してるようには見えません。顕かに違うのはインナーパイプの方なんですが・・・

2007_0909burattoclub0004.jpg

錆で最大0.3mm痩せてます。この方が気になりますね。
それでも、新品のパイプガイドを組み込むと、随分ガタが取れました。許せる範囲かな~?
モンキーのフロントフォークはこんなものかとも思いますが、12Vモンキーのインナーパイプで有れば、もう少しガタが少ないのかも・・・
インナーのガタを見るために揺すってたら、ステムが緩んでる事に気付きました。
今回は増し締めしただけですが、近々グリースアップが必要ですね。

2007_0909burattoclub0005.jpg

怖かったーっ!
雨上がりにテスト走行へ出かけたんですが、国道1号線から西大津バイパスへ入る上りの左コーナーで、後輪が左右にツルツル滑り、曲がれませんでしたーっ!
そのまま真っ直ぐ走ってスピードを落とし、合流地点のゼブラゾーンで停止。「怖えーっ!」
帰り道でも、側溝の鉄製の蓋で後輪が流れること三度。「怖えーっ!」

2007_0909burattoclub0007.jpg

センサーをつける為に前輪の左右を入れ替えてましたが、正しい方向に戻しました。ホイールがオフセットされてるために前輪が左に寄り、やっぱりマズイかなと・・・反省。(実は乗ってても判らないんですが・・・)
で、センサーを後ろに向けて、マグネットもホイールのサイドに移動。かなり隙間が在るんですが、無事に拾ってました。

そんなことよりっ!!タイヤを交換しましょー・・・ね。

2007年9月8日土曜日

モンキー クラッチ交換

クラッチが滑るので開けてみました。

2007_0908burattoclub0015.jpg

ご覧の様に1枚クラッチ。これでは滑っても仕方が無いですねぇ。
こんな事も有ろうかと!(本当はCDなにすんねん90用に購入)ダックス70タイプの2枚クラッチを用意してたのですぅ。

2007_0902burattoclub0002.jpg

一次減速比も、スタンダードの4.312から3.722になり、よりスムーズな加速と低燃費が実現する事でしょー。

2007_0908burattoclub0018.jpg

付けましたーっ。さくさく組んで切れ確認。
切れませーん!ミッションを入れてガンガン押したり引いたりしたのですが、まったく切れませーん!
予想はしてたんですが・・・ショックを与えれば切れるかな・・・と。
甘ーい!
組みあがったのに再度外します。で、クラッチを分解整備。(最初にしろよって!)
完全に張り付いてました。プレートは所々錆びてます。「これでは切れんなぁ・・・」
オイルストーンで軽くあたり、再組み立て。
おっ!切れる切れる。では、オイルを入れてっと?

オイルが、オイルが、オイルが有りませんでしたーっ。
と言う事でテスト走行は明日以降。なんだかんだと疲れましたよ今日は。

<9月9日追記>
本日オイルを入れてエンジンを掛けたんですが、クラッチから異音がしてます。
走り出すと気にならなくなるんですが、アイドリングでクラッチを握ると音が変わりますので、アウターとケースが少し干渉してる?のかもしれません。
クラッチの機能としては問題無いようです。ただし、重い。CDなにすんねん90で使ってる、キタコの強化スプリングより重く感じます。

次週クラッチワイヤー交換予定。
異音は気になりますが、このままもう少し乗ってみます。